バイク乗りのライフシフト

Help solution for life and motorcycle

バイクも自動運転化テスト 現時点では運転支援にとどまるけれど近い将来かならず実現するハズ

バイクの安全運転支援システムテストが日本で行われている

↓こちらのニュース

https://bike-news.jp/post/135663


f:id:dansuzuki:20190424093920j:image

昨日ネットニュースに上がってきました。

これは自動運転化への過程だと思っていて、バイクの自動運転化はぜひ進めるべきですね。

 

なぜなら、

 

近頃のクルマによる痛ましい交通事故はすべてがヒューマンエラー。(もしかしたら某メーカーのプリ〇スに問題があるのかも)

比較的高齢者に多いこのような事故は、認知症判断操作がすべて遅れているから。

 

高寿命化が進んでいくことは最近読んだライフシフトに詳しく書いてありますが、同様にバイクのライダーも高齢化になっていくわけです。


f:id:dansuzuki:20190424094205j:image

実際に事故は真っ直ぐななんでもないような場所で

例えば高速道路とかで。

 

"いやいや、

バイクは趣味の乗り物だから、毎日乗る訳では無いし、歳をとったら自分からバイクを下りますよ"

下のデータを見ますと、なかなかそうもいかない現実があるように見えます。


f:id:dansuzuki:20190424091115j:image

高齢になればなるほど、自分の運転に自信があると答える人が多くなる、と。

 

高速道路や単調な道路は自動運転に任せて、目的地近くになったら、マニュアルモードにして自分でライディングする楽しみを味わう。

 

そんなことや、

 

ツーリングの帰りは疲労感が溜まってくるのがお決まりです。

眠くなって、目がとろーんとして、うっかり走りながら寝てた!なんてことは実は年齢問わずバイクに乗る人だったらツーリングに行った時に感じることかもしれませんが、

f:id:dansuzuki:20190424094038j:image

例えば、

帰りの高速道路に乗ったら自動運転のスイッチをポチ。

 

気がついたら自宅最寄りのインターチェンジだった、なんてことはまだまだ先かもしれませんが、

そんな時代が確実に訪れようとしています。

 

バイクの自動運転化は現実化に向けて確実に動き出してます。

 

 

 

Ridesafe👍