バイク乗りのライフシフト

Help solution for life and motorcycle

スポーツ中継TVバイクの裏側 日本と世界

日本でバイクを使った撮影の仕事といえば、代表的なのが箱根駅伝です。TV中継をするバイクが3台、そして、アナウンサーが乗車して選手の間近からリポートするバイクが2台。さがみエンヂニアリングという会社が請け負っています。

 

お正月に開催されるもうひとつの駅伝といえば、ニューイヤー駅伝です。群馬県を舞台に、100kmを走りますが、ここでは、TV中継バイク3台、アナウンサーバイクが1台で、アイシーエクスプレスというプレスバイクの会社が担当しています。

 

忘れてはならないのが、自転車レースです。

日本では、毎年9月に北海道の一般公道を規制して行われる3日間の国際レースのツール・ド・北海道と、大阪から8日間にわたって東京まで移動してくるいわば世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスの日本版、ツアー・オブ・ジャパンという国際レース。

これらは、

先程のアイシーエクスプレスが担当しています。それ以外の国内の大小数様々なレースは、自転車審判員がバイクからの撮影を担当しています。

 

この他、地方のTV局の中で動いているTVバイクライダーやカメラマンがライダーも兼任しているような個人の方も入れますと約10社、数名の個人が国内で活躍しているようです。

 


f:id:dansuzuki:20190501071240j:image

 

世界に目を向けると、様々な会社がスポーツ中継に

携わってるのですが、こちらはの上の写真はベルギーの自転車レースの写真撮影バイクライダーです。

左はフランクさん。日本から撮影で訪れるカメラマンを乗せたり(この写真は日本の自転車メディアのシクロワイアード綾野編集長が撮影)、地元ベルギーの自転車レースの運営に携わったりと自転車とバイクが大好きな方。

 


f:id:dansuzuki:20190501072253j:image
f:id:dansuzuki:20190501073627j:image

このチームはオリンピックの自転車レースを中心に欧州で活躍している方達で、サングラスをしているのがチームのまとめ役であり、今や世界のTV中継バイクライダーのトップと言っていいオランダ人のウィリーワウテルさん。

NEPという世界的メディアのTVプロダクションのチームに所属していますが、ウィリーさんはオランダ鉄道に勤務されている真面目な方。

 

自転車レースでは、規模にもよりますが、通常は2台から5台ほどのTVバイク、1台から2台のアナウンサーバイクが走ります。

 

日本と違って、マラソンの他に自転車レースがある為に(自転車レースの本場は欧州なので)チームや会社もほんとに多い。

おそらく20社以上、個人で活動している人も入れたら100人ぐらい。

 

Ridesafe👍