バイク乗りのライフシフト

Help solution for life and motorcycle

初めての沖縄記をSimejiの音声認識で打ってみた(さすがに少し推敲しましたが)その1

初めての沖縄に行ってきました

 

 

バイクで転ぶ&沖縄の道路の素材

何を書こうかと思っていますが、調子に乗ってはいけないってことですね

バイクは本当に転ぶんだ、ということを実感してます、当たり前なこと言うなって話なんですけども(実は今回バイクで転びました、幸い大きな怪我ではなかったのですが、精神的にダメージきてます...)

↑道路が白っぽいのがわかると思います(肝心のバイクはコレ、YAMAHA XSR900)

1つ大きなことと言えば、沖縄の舗装道路ってのがちょっと実は関東とか内地の舗装の材質とは違うんです

これはバイクを借りたバイク屋さんにも言われた話なんですが、もうとにかく滑るよと言われました

実はサンゴ礁石灰石の素材が練り込まれているとのことで、これがどうやら滑るんじゃないかっていう、ちょっと本当かどうかわからないのですが、うっすらとそんなことを記憶してます

 

ホントにそうでした↓

traveltoku.com

 

今回、トータル300kmぐらいをバイクで走ったんですけれど、とにかく路面が白いんですね、摩擦係数のμ(ミュー)値が低いというか、路面が白いのでどうもタイヤのゴム質とこの道路への食い込みというかと食いつきというかそれがちょっと低いのかなという印象はすごく受けました

そのバイク屋さん曰く、雨の日はもっと滑るよ、と

関東でバイクに乗ってるライダーからするとちょっと怖い場面が実はあって、滑る瞬間っていうのは何度もあって、でも、僕の住む内地の舗装路面っていうのは実はすごく改良を加えられていて、品質がいいんだな、これは本当にすごいな、と思うんです

 

沖縄の道路事情&マナー

全般的に沖縄は、すごく走りやすいですね

信号のつながりが非常に良いという感じ

結構、次の信号につかまらずに走ることができる、信号のパターンがドライバーにとってストレスがないような、そんな気がします

 

マナーですが、皆さん慌てないで運転をされているのをすごく感じましたね、やっぱこう東京、関東ですと、どうしても急かされるイメージがあります

 

観光客が凄く多く(僕も含めてですが)、わナンバー、れナンバーがレンタカーです

 確かにそういう車は本当に多いんです、例えば信号待ちなどで信号が変わっているのに進まなかったりするドライバー、地図とか、スマホ見てたりしているレンタカーを運転する観光客だと思うんですけども、とても多いんですが、沖縄の人たちはその後ろについてもクラクション一つ鳴らさずでした

 

↑名護市役所 バイクから撮影 建築は象設計集団

向かった先は那覇〜名護&気温

那覇〜名護は下道を使って行ったのですが、大体1時間半弱ぐらいで到着

ずっと海岸線を走って行ったんですけれども、ライダーさんが結構いました

僕は、伊豆大島へ行ったことあるのですが、違いますね、景色が

東京から南に2000km離れた場所なので、台湾が本当に横並びでね、台湾の方が南なのかな

本当に、いい気候で最高気温26度〜27度、最低でも17度18度ぐらいでした

 

その2はこちらです〜

 

www.dansuzuki.tokyo

 

動画にもまとめましたのでぜひご覧ください!


沖縄をバイクで走る!XSR900 那覇〜名護、名護〜キャンプシュワブ〜sanddollarビーチ〜ホワイトビーチ

 

 こんなこともやっていますのでぜひご利用ください!

www.dansuzuki.tokyo