バイク乗りのライフシフト

Help solution for life and motorcycle

自分のロゴを作ってみました

この記事は、2019年の初めに書いた記事です。

下書きとして書いてあったのを忘れていて、この度少し加筆して公開することにしました。

どうぞ〜

 自分のロゴ制作を思い立って、申し込んで、出来上がって、いくらかかって、そのロゴを使い始めて2年経って、どうだったか?

 

というそんなお話です。

ぜひ読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私のツイッターやインスタグラムのアイコン画像や、バイクやヘルメットに、黒っぽくて、すこしあやしいガイコツライダーのロゴを見かけた方、いらっしゃいますでしょうか?

 

いやー1人ぐらいいるかなー? 

 はい、

これです↓
f:id:dansuzuki:20190618184929j:image

なにこれ?

とか、聞こえてきそうですが、、。

もう少し詳しく書いてみます。 

どういう経緯で作ったの?

世の中の製品やサービスなどには必ずロゴがあります。

みなさんが使っているスマホには、アップルだと、あのリンゴマークがあるし、YouTubeにはあの、赤いポチっとボタン、が思い出されるし、高級バッグのエルメスだったら、馬具メーカーだった頃の馬のロゴがあります。

(高校では馬術部だったこともあって、馬ネタは少し詳しい)

 

それぞれのロゴを見た時に、あ、あれはiPhoneだ!とか、あの有名なバッグのブランドだ!とひとめで分かります。

 

話は変わりますが、

私はおこがましくも、こんな目標があります。

 

"モーターサイクルを通じて世界を幸せにしたい"

 

私の大好きなモーターサイクル(バイク)を通じて皆さんに幸せになって欲しい、という目標があるんです。

 

パッと、あの人だ!  あ、ダンだ!と思って欲しかったので、ロゴを作ることにしました。

誰が作ったの?

プロ自転車ロードレーサーの山村明徳さんにデザインをお願いしました。

山村さんは長崎県出身で20代、欧州の自転車のコンチネンタルチームで選手として走っていました。欧州での生活がとても長い方です。

レッドフッククリテリウムという周回コースでのシリーズ戦で初めて走った日本人選手です。

レッドフッククリテリウムってなに?という方はこちらをどうぞご覧下さい

 

山村さんのことは、下のリンク記事を読んだのがきっかけで知りました。

亡くなってしまった偉大な自転車カメラマンの高木秀彰さんが記事を書かれているのも、山村さんに親近感を持った理由です。

www.cyclowired.jp

 

この記事を読むと、山村さんは自由に自分の人生を切り開いていっていて、なかなかスゴい日本人だな、ということが伝わってきます。

 

そして、

デザインもされているということだったので、

すぐにホームページを見にいき、

そこから直接本人にデザインをお願いすることにしました(現在ホームページは閉鎖中)

 何より、彼の作ったロゴの数々が載っていましたが、それのどれも僕は好みでした。

 

あのロゴにはどういう意味があるの?

はい、

あの、ガイコツ、気になりますよね?

実はガイコツは怖いイメージが確かにありますが、仏教的にや、他の国ではむしろ縁起がよく、永遠とか、再生とかそういう意味合いがあるようです。

 

こちらに詳しく書いてありましたのよかったらどうぞ。↓

不吉じゃない?実は【骸骨】【ドクロ】は縁起物だった!?

 

赤い◯マルは、日本をイメージです。日本の国旗の真ん中の部分ですね。

 

それを挟むように、ダンのDanというアルファベットがデザインされていますが、見つけられましたでしょうか? 

 

そして、

実はヘッドライトの丸い部分には、74、という数字がありますが、私の生まれ年です。あ、年齢がバレましたね。もうすぐアラフィフです。

 

そこを真ん中から、S、というアルファベットが分断してますが、

これは私の苗字のスズキのSです。

 

あ、なるほど!

と思っていただけましたらば嬉しいです。

 

いろんな要素がまんさい。

ほんとにすごいんですこのロゴ。

 

デザインしてくれた山村さんのコメントです

イメージとしてはある程度モーターサイクルがシルエットとしてシ ンプルにわかりつつ、海外ウケするように和のテイストを若干入れ て日の丸をアクセント付けで配置。硬くなりすぎないようにスカル を頭はモチーフにデザインして可愛らしさも残しました。

 

山村さん、本当にありがとうございました!

制作していただいたのは2年前になります。

今、ようやく、山村さんに作っていただいたロゴの解説記事を書くことが出来ました。

このロゴ、本当に気に入っています。

 

ますます頑張って仕事しなくては!と気持ちが上がります!

ああロゴ作ってよかったなーと思いました。 

 

ロゴができるまでの流れ

山村さんには、2017年の2月にホームページから申し込みました。

その後、Skypeで打ち合わせをしました。

といっても私の人となりを知る軽いミーティング。

イメージを作っていくのでこのミーティングはとても大事とおっしゃっていました。

 

山村さんとは2回ほどデザインのやり取りがありました。

その後に、山村さんが日本に来た際に初めてお会いして、少しお話しすることができました。その時の写真です。

f:id:dansuzuki:20190804162532j:plain

山村さんとロゴの打ち合わせ

そして完成は2017年の4月。

約2ヶ月かかりました。

 

さて、

いかがでしたでしょうか?

みなさんも、自分のロゴを作ってみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに気になるデザイン料ですが、、

.

.

.

.

.

.

.

50000円でした。

完全にオリジナルなデザインで唯一無二、

これだけのボリュームのデザインにしては高くない金額かなと思います、なにより、本当に山村さんのデザインが好みだったので、むしろ安いかなと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!

 

こんなサービスをしています。ぜひご利用ください!

www.dansuzuki.tokyo